プロペシアのジェネリックが売れている!

プロペシアと言えば脱毛が防止でき更に育毛効果があるとしてAGA治療薬の中で特に有名ですが、そのプロペシアのジェネリック品がそれを上回るほどの人気に上昇!その訳とは?

プロペシアのジェネリック医薬品とは?

薄毛・抜け毛に悩んでいる方も多いと思います。

どうにかしたいと育毛か増毛かで悩んだ挙句、サプリメントや育毛剤色々試しているでしょう。

薄毛・抜け毛と一口にいっても男性に多く見られる脱毛症では、頭頂部が禿げていくO字型のタイプと、額から後頭部にかけてm字型に薄毛が進行していくタイプのAGAの2通りがあります。

特に男性型脱毛症といわれるAGAは遺伝や男性ホルモンが関係しているといわれます。
AGAは、進行が割りと遅いので、改善のための努力が長期的に必要です。
それに、生活習慣やストレスなども大きく関係していているので、その原因をとりのぞくことも大切です。

又、殆どの薄毛の治療にはミノキシジルがよく知られているのですが、頭頂部の薄毛・抜け毛に効果があり、AGAのような生え際には効果が現れにくいといわれています。
AGAは他の脱毛症と違い、男性ホルモンを抑えるプロペシアが効果があるとされています。

只、プロペシアは、医療機関で診察を受け処方されるのですが、治療期間は長いほど、費用もかかることを覚悟しなければなりません。
又、病院に行く為仕事を休んだりしないといけません。
残念ながらAGAは、病気としては認められていないのが現状で保険の適用外です。

その為、AGAを治療するには全額自己負担ということになります。
根気よく治療を続けていくことが大事とわかっていても、病院から遠のいたり、治療を諦めざるおえない人もいます。
そんな男性型脱毛症でお悩みの方の強力な味方と云えるのが、プロペシアのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は、成分は同じで製造メーカーが違います。
開発費用がないので、その分低価格で購入できます。
強いていえばコーティング剤が違うという事がありますが、ジェネリック医薬品だから効果が薄いということはありません。
但し、自己判断で増やしたり減らしたりせず、容量・用法をしっかりと守るのも大切です。